HOMEtopics2  樹木医目線で巨樹めぐり  Vo1.一番背の高い樹を訪ねる

樹木医目線で巨樹めぐり  一番背の高い樹を尋ねる

■ 一番背の高い樹を訪ねる

   巨木の魅力とは・・・大きさ、古さ、趣にあると考えます。

   一般に樹木の大きさは、幹周りで表されますが、樹高、枝張り、樹齢もとても重要な要素です。
   私は背の高い樹が好きなので、今回は樹高に注目します。


下記の表は、ある樹の樹高を測定したときのデータです。

視認先 測定値 計算値
高低角 ラジアン 斜距離 垂直距離 水平距離 樹高
先端 62.7° 1.0943  63.5m 56.4 m 29.1m 56.4-1.1=55.3m
根本 2.0 °  0.0349 31.0m 1.1m  31.0m









   レーザー測距器や分度器等を駆使して、こんな感じで測定。樹高はおよそ55mでした。
   私の知る限り、この値は
三重県の樹木の中では最も高いものでした。
   
   その樹とは・・・松阪市嬉野上小川町にある宇気比神社のスギです。


一本だけ飛び抜けて高い樹が在るのが解ります。


 根元は少し傾いていますが、途中からは真っ直ぐ上に伸びています。
 スギという樹種は、常に真上に向かって伸びる性質が特に強く、普通は光を求めて斜めに伸びたりしないものです。
 この樹は、おそらく樹高20m位に育った時に、幹全体が台風か地滑りで傾いたのでしょう。
 その後、成長した部分は真っ直ぐ上に伸びたと考えると合点がいきます。
 心配なのは、このご時世、背の高い樹というのは何かと住みにくい世の中になっています。
 枝が落ちれば危ない、万が一倒れでもしたら大変だ!ということで伐採の憂き目に逢う樹も少なくありません。
 この樹も傾いていることから、もし倒れたら社殿を壊しかねません。
 この樹は社殿と同じかそれ以上の価値があるものだと思っていますが、
 念のため山側からワイヤー等で補強する手もあるのでしょう。
 下記は、私が測定した中で、樹高の高かったスギのリストです。
 ちなみに、全国で最も樹高の高いスギは、愛知県鳳来寺の「傘スギ」60mだと言われています。
 スギ以外の樹種で背の高い樹は何があるのか、クス?ヒノキ?マツ?ケヤキ?等々については、
 またの機会にふれたいと思います。
所在地 樹高(m) 備考
松阪市嬉野上小川町 宇気比神社
55
一志町大字波瀬 矢頭神社
53
天然記念物の矢頭の大杉は49m
53
52
伊勢市 伊勢神宮内宮
52
松阪市大字柚原 蘭宇氣白神社
50
50
松阪市飯高町七日市 乳峰神社
49
落雷被害のため伐採
松阪市飯高町赤桶 水屋神社
48

この外に背の高い樹をご存じでしたら、是非、情報提供願います。
なお、樹高の測定には誤差がつきものですので、この値は参考程度に留めておいてください。

蘭神社の巨木群

乳峰神社スギ巨樹群

大クスで有名な水屋神社のスギ

矢頭神社のスギ大樹群



 

このページのトップへ