調査場所 北牟婁郡紀北町東長島
調査日 4月23日
調査樹種 シダレサクラ
担当樹木医 浦口良太、奥田清貴、末良学、小倉光善
依頼内容 樹木の健康診断と今後の対応策について
調査・診断結果 樹齢は約120年で樹高に比べて枝張りが低く広がった樹形の古木で、葉量、葉色ともに大きな異常は確認されなかった。枯枝が数ヶ所確認され、折損落下の危険が確認された。有機物の不足および通気性、排水性の悪化が考えられるが、サクラの根元の状態や根上りがないことからみて根は土壌のやや深い部分に広がっていることが推察され、地下の排水環境は悪くないと考えられた。
これらのことから、枯枝の除去、樹冠を現在より小さくする剪定、不定根誘導法などの指導をした。
 
 


調査場所 四日市市中部西小学校
調査日 4月25日
調査樹種 クロマツ
担当樹木医 石黒秀明、秦広志、坂口卓也、近藤樹春
依頼内容 腐食が進んでおり、樹勢がないように見えるが今後どうしたらよいか。
調査・診断結果 目視での腐朽の開口部は地際から約3mの高さまであった。簡易検査を行ったところ健全な材も部分的に残っていた。地際部の外樹皮の内部に白い菌糸を確認し、樹勢衰退につながる疑いがあったので検査した結果、白紋羽病ではないと判断しました。樹上の葉にカイガラムシを確認し、変色はこの影響と判断された。調査対象木以外のマツも目視調査したところマツ枯れ予防の樹幹注入の影響による形成層傷害の痕が確認された。
これらのことから、支柱の設置、樹幹注入の専門家の実施などの指導をした。





調査場所 津市一志町井関
調査日 6月21日
調査樹種 ソメイヨシノ
担当樹木医 玉野隆、末良学、広瀬信三
依頼内容 てんぐ巣病に似た症状があるが診断してほしい。
調査・診断結果 樹齢は40年程度で4〜5m間隔で36本植栽されていた。トンネル掘削残土で盛土造成された土壌に植栽されており、通気排水不良な土壌環境となっていた。植栽間隔が狭いため、樹木同士が被圧し、枝枯れの発生や幹の腐朽が多く確認された。上位部の葉は矮小化し、密な状態となっている樹木が多く、コケ類の付着、枯死寸前のものも確認された。目立った虫害はないが、てんぐ巣病や穿孔褐斑病の樹木も確認された。
これらのことから、衰弱したソメイヨシノの間引き伐採、てんぐ巣病枝の除去、切除痕への殺菌剤の塗布などの指導をした。





調査場所 多気郡多気町波多瀬
調査日 6月21日
調査樹種 ヤマザクラ
担当樹木医 玉野隆、末良学、大石浩、広瀬信三、冨田ひろし
依頼内容 古木の健康診断依頼、治療等必要な処置指導。
調査・診断結果 樹幹の肥大成長はほとんどなく、コケ類の付着が多く、主幹の腐朽はかなり進行していた。上部の葉は矮小化も多く枝枯れも確認された。主幹の途中から不定芽および不定根が発生し一部の根は地表に届いていると思われた。油粕などの施肥が実施されていたため葉色は比較的良好だった。
これらのことから、不定根誘導法、枯枝の除去、倒木防止支柱の増強などの指導をした。





調査場所 志摩市志摩町越賀 越賀小学校
調査日 6月30日
調査樹種 サクラ
担当樹木医 浦口良太、大石浩
依頼内容 記念植樹したサクラの生育が思わしくない、原因調査と今後の管理についての指導依頼。
調査・診断結果 葉色、葉量、枝の伸長量など、全体的に見ても生育は良好とは言えず、今後衰弱枯死に至る可能性のあるもの、葉の緑が褐色に枯れているものも確認された。植え付け地は校庭の西側で踏圧により土壌表面は硬くなっていた。場所によってはコケ類が多く確認され、土壌表面の排水不良をうかがわせた。深植え状態になっているものが多く、加湿や通気不良による根系の発育障害が推察された。雨水によって土表面が流出し根茎が露出しているものも確認された。サクラは水はけが良く腐植質の多い肥沃な耕土の深い土地を好むが、サクラの生育不良の原因は根系の発育不良によるものと考えられた。
これらのことから、深植え苗木の植え直し、根茎が露出しているものには被せ土、寒肥えなどの指導をした。





調査場所 志摩市志摩町和具広の浜
調査日 6月23日
調査樹種 クロマツ
担当樹木医 奥田清貴、浦口良太
依頼内容 海岸のマツが枯れてきたので、診断と対策を指導してほしい。
調査・診断結果 海岸には3本のクロマツが成育しており、すぐ近くに枯死した1本のクロマツが確認された。2本のクロマツは枝折れが確認されたが異常はなく健全であった。簡易検査、DNA検査を行ったところ、マツ枯れの確認はされませんでした。枯れた松の衰退原因は古木であり、衰退傾向の状態での水不足がマツに大きなストレスを与えたのではないかと考えられた。
これらのことから、樹幹注入などのマツ枯れ対策などの指導をした。





調査場所 松阪市京町 京町第一児童公園
調査日 7月5日
調査樹種 ギョイコウ
担当樹木医 中村昌幸、玉野隆
依頼内容 4月中旬より枝が2本枯れ、5月中旬にも2本枯れた調査をお願いしたい。
調査・診断結果 立地条件は道路に面した公園にあり、根元のスペースがサークル状に裸地であった。公園とされる以前にもソメイヨシノが植栽されていた。枝枯れが出てきた部分は樹形を構成する主要な枝であり、上部から徐々に枯れた形跡が確認された。主幹からヤニが出ており、数多くの被害箇所が確認され、コスカシバによる食害とも確認された。過去にもヤマザクラ、シダレサクラを植栽して枯れた経緯から、土壌に大きな問題は見受けられず、潜在的にコスカシバの被害を受けやすい場所であると考えられた。
これらのことから、ヤニが出ている箇所から殺虫剤を注入などの指導をした。





調査場所 熊野市熊野古道大吹峠
調査日 7月18日
調査樹種 モウソウチク
担当樹木医 奥田清貴、浦口良太、小倉光善
依頼内容 竹林の保全について
調査・診断結果 平成24年に強度な間伐を実施し、新竹は1本のみ確認された。現在モウソウチクの成立密度としてはタケノコ生産を目指すのに適した本数になっているものの、地下茎に新竹を発生させる能力が低下していると考えられた。このまま新竹の発生・成育がない状態が続けば地下茎は衰退し続け、樹勢のある地下茎は外部方向へ伸び、面的には空洞化が起こるものと考えられた。
これらのことから、衰弱している地下茎の勢力回復、散乱している竹材の整地・除去・伐採、施肥などの指導をした。





調査場所 多気郡矢田
調査日 8月16日
調査樹種 トチノキ
担当樹木医 大石浩、浦口良太、石黒秀明
依頼内容 枯れているトチノキの健康診断依頼。
調査・診断結果 正式な樹種はクヌギで南勢地方ではクヌギをトチノキと呼ぶ風習があった。現在2本が枯死しかけていて、7月ぐらいから葉色が変色し始め、現時点では大半の葉が褐変していた。虫孔が多数確認され、木くずがパウダー状に蓄積していた。簡易的なトラップを仕掛けたところ、カシノナガキクイムシと同定した。そのことからナラ枯れの被害による枯損と判断された。
これらのことから、ナラ枯れの伝染病を防ぐために感染樹木の伐採などの指導をした。





調査場所 鈴鹿市寺家町 鼓ヶ浦海岸
調査日 9月7日
調査樹種 マツ
担当樹木医 中村昌幸、大石浩
依頼内容 マツ枯れ被害、カイガラムシ被害に対する健康診断依頼。
調査・診断結果 近年松枯れによって古木を含めた消失が相次ぎ景観が大きく変わったことから、対象地内において薬剤の樹幹注入による予防を実施した。古木は生育旺盛な時期を過ぎて安定的な成長過程に入っているが、その中に樹勢の衰えが目立つものが見受けられた。その症状を確認したところ、カイガラムシが多く発生しており激害により枯死したものも確認された。その衰退の過程で大きな要因となっていることは予想され、他にも根元での焚火や砂の堆積による埋没もその一因として考えられた。若木から樹齢100年以下と思われるものについては生育旺盛な個体と樹勢の衰えが見受けられるものが樹齢に関係なく見受けられた。古木同様に衰弱の原因がすべてカイガラムシであるとは断定できないが、衰弱している個体ほど被害が大きいことから樹勢に影響を与えていることは間違いないと考えられる。カイガラムシの種類としてはマツカキカイガラムシとマツコナカイガラムシの生体が大量に確認されたほか、マツモグリカイガラムシと思われる症状が確認された。松林は海水浴場に位置しており、海水浴シーズン以外でもレジャーに訪れる人は多い。中でもバーベキューなどを比較的大きな松の下で行う人が多く、少なからず影響を与えていると考えられた。
これらのことから、マツ林をどのように構成するのかの方向性、マツ枯れ予防の継続的実施などの指導をした。





調査場所 伊賀市阿保
調査日 9月8日
調査樹種 ケヤキ
担当樹木医 石黒秀明、広瀬信三、坂口卓也、大石浩
依頼内容 以前から葉量が少なくなってきて、本年より樹木北側にほとんど葉が付かなくなった。樹皮の一部が欠け落ちたようになっているが、今後どうしたらよいか。
調査・診断結果 以前から葉が少ないということでしたが、調査の結果、少なくとも10年以上前からは衰退が始まっていたものと思われます。3股に分かれた幹のうち北方向の域はすべて枯死していた。西側からは胴吹き、南側は葉の残る枝が確認された。が、70%程度は枯死していた。キノコの発生も確認され、枯枝は落下する危険な状態だった。ケヤキの衰退原因は新庁舎建築工事で平成6年のケヤキ周辺の整備の影響が大きいと考えられた。周囲の舗装により排水性の悪化が挙げられ、根の切断もあった可能性も判断された。キノコを調べたところ「ベッコウダケ」と同定され、樹木の腐りを進行させ、倒木の危険が判断された。
これらのことから、枯枝の撤去、支柱の設置、腐朽精密診断などの指導をした。


調査場所 大矢知興譲小学校
調査日 9月9日
調査樹種 アカマツ
担当樹木医 大石浩、中村昌幸、坂口卓也
依頼内容 衰弱していたアカマツの健康診断
調査・診断結果 針葉が殆ど無く、先端部分にわずかに残っている程度となっていた。現在は、その頃より少し回復してきた感じた。全体に球果殻が多く着生しており、枝枯れの発生もあって、樹としては衰弱傾向にあった。枝の所々に繭のようなものが多く着いている。アカマツの状況や繭の形状からマツカレハの蛹(繭)と判断した。このことから、今回の原因はマツカレハの幼虫による食害であった。
これらのことから、 寒肥、枯枝の撤去、殺虫剤の散布などの指導をした。





調査場所 伊勢市 宇治山田駅第3駐車場内
調査日 9月23日
調査樹種 サクラ
担当樹木医 浦口良太、大石浩、石黒秀明、中村昌幸
依頼内容 サクラは古木で枝枯れが度々発生しているため、健康診断依頼。
調査・診断結果 葉はやや小さく衰弱傾向で、病気や害虫による大きな被害の痕跡はない。枝枯れが所々確認でき、以前に幹や太枝が強剪定された痕が確認された。幹にはこうやく病、ノキシノブ、地衣類の着生も確認された。根元周りはコンクリート縁石で囲まれていた。
サクラは水はけがよく、肥沃な土壌を好むが、調査対象地の環境は踏圧により固結していた。
これらのことから、枯枝の撤去、土壌改良、切り戻し剪定などの指導をした。

調査場所 竹原神社
調査日 9月23日
調査樹種 ケヤキ
担当樹木医 石黒秀明、秦広志
依頼内容 木に空洞があるが適切な処理が知りたい。
調査・診断結果 調査樹木はムクノキで周囲が森で囲われ風の影響が受けにくい状況だった。一見樹勢には問題なく判断された。高さ14mあたりで主幹が折損していた。精密検査をしてみないとわからないが内部腐朽が確認された。
これらのことから、高所における主幹の開口部調査、内部腐朽調査、コブラロープ等による枝落下防止などの指導をした。





調査場所 松阪市 来迎寺
調査日 10月11日
調査樹種 ツバキ
担当樹木医 玉野隆、末良学、石黒秀明、坂口卓也
依頼内容 双幹の片方の葉が顕著な枯れが発生している。
調査・診断結果 今回の簡易な調査でも、双幹根元の材質腐朽率は60%を超えると考えられた。蘚苔類の着生も多く、こうやく病の被害もある。本殿側から見て双幹右の枝葉は全体が枯死寸前となっているが、双幹左の枝にも一部枯れが発生を始めており、樹木全体の衰退が確認された。病虫害は、こうやく病以外は特に目立たない。幹根元の状況から、生育していた本来の地盤は現状より数十センチ下方にあったと考えられた。200年ほど前本殿が創建され、石積み並びに本ツバキ根元にも盛土が行われたと考えられた。 通常、壌土質の盛土がこの厚さで行われた場合枯死は免れないが、前面が法面である事で生育することが出きたと考えられた。その後、幹の太さからほぼ順調に生育したと思われるが、近年、下記の状況が起こり衰退に至ったと考えられる。当初植栽された本来の表層面から盛土部への根系の進入はあったと考えられるが、長年の根元への踏圧や近年の車両等の通行で根系の成長は阻害され始めた。法面側のみの根系では全体の樹勢は保つことが出来ず、根系の発達の出来ない樹木は、現状の樹体保持が不可能となり、樹幹の肥大成長も止まり、同時に腐朽も進行することになったと判断された。
これらのことから、 ツバキ周辺の通行禁止、ウレタン・モルタルの撤去、土壌改良、活力剤の樹幹注入の指導をした。





調査場所 四日市市場町 大樹寺
調査日 11月1日
調査樹種 スダジイ
担当樹木医 石黒秀明、大石浩、坂口卓也、鈴木耕作
依頼内容 双幹の片方が枯れているが今後どう対処したらよいか。
調査・診断結果 地上高2.5m辺りより二股に分かれた双幹木ですが、北側の幹や枝のあちこちに木材腐朽性のキノコが確認されました。これはすでに材が腐っている事を意味します。また、今にも折損しそうな危険枯死枝が多数確認されました。腐りは激しいですが、まだ完全に枯死しているわけではなく、緑色を呈した葉も多く茂っていました。しかし南側の幹は、ごく一部の枝を除きほぼ枯死していました。枯死した枝の状況を良くみると、1年前までは比較的樹勢よく伸びたと思われる枝が枯死した物や、明らかに今年になってから枯れたと思われる枝が確認されました。両方の幹を詳しく診ると、南側の幹にのみキクイムシが孔を空けたときに出る木屑がみられました。このキクイムシは、カシノナガキクイムシといいこのカシナガの寄生を受けると樹木は枯死に至る場合があります。ブナ科樹木萎凋病と判断された。
これらのことから、折損、落下しそうな枝の撤去、周囲立ち入り禁止などの指導をした。





調査場所

志摩市阿児町鵜方1775 鵜方小学校
志摩市大王町畦名54-1 旧・畦名小学校

調査日 11月23日
調査樹種 クロマツ、イチョウ
担当樹木医 奥田清貴、浦口良太
依頼内容 マツ枯れが発生しているため原因調査依頼、幹に腐りが確認されるが今後どうしたらよいか。
調査・診断結果 クロマツは樹高が11m内外であるが、幹の直径も太く、相当の歴史を刻んでいるものと思われた。マツクイムシ被害予防の樹幹注入剤施用が実施されているようで、幹には注入孔跡が散見された。繰り返し樹幹注入を行うと、樹皮下の形成層部に壊死部分が増える。また注入箇所の選定ミスや注入方法の未熟さに起因して、マツ組織への障害発生が起こりやすい。これらの原因によると思われる斜行した樹皮割れが認められ、幹割れにまで拡大しているものもある。これらのことから、樹幹注入が繰り返し実施されているマツでは、注入位置選定や注入技術が難しくなることから、次回の樹幹注入剤実施に際しては熟練した注入技術保有者を選ぶなどの指導をした。
イチョウ 銀杏が着果する雌木で、幹にキツツキによる穿孔が何箇所かあり、材内部が腐朽して外樹皮が剥離してきていた。葉は樹冠全体に着葉しているが、頂端部から樹高の1/3程度までの着葉量は少なく、全体的に葉の小型化が進んでいた。幹の南〜西側で材内部に腐朽が進んでいるが、内部の木部はまだ堅く直ちに倒壊する恐れはない。地上3.8mにある枝の付け根から不定根が発生し、下方へ伸びている。この不定根を地上部まで生きた状態で導くことができれば、新たな幹に成長すると判断された。
これらのことから、枯枝撤去、不定根誘導、土壌改良などの指導をした。





調査場所 津市芸濃町 河内渓谷
調査日 11月29日
調査樹種 モミジ
担当樹木医 石黒秀明、児玉重信、坂口卓也、冨田ひろし、柳田国男
依頼内容

モミジの幹にひびがあるため、今後の処置の方法を知りたい。周辺に杉が生い茂っているため、日陰となり綺麗に紅葉しない。そのため、杉の伐採を検討しているが、どの程度伐採したらよいか知りたい。

調査・診断結果 3本のヤマモミジは、南側にスギ造林木(27本)が成立し、モミジを被圧している状況にありました。このモミジの紅葉しない主たる原因はスギによる日照不足にあると考えられた。すでに10本ほどのスギの伐採が決まっているようですが、残るスギのさらに半分〜2/3を間伐すべきと思われます。但し、皆伐はモミジに対する環境が一気に変化する為、行うべきではありません。間伐にとどめます。モミジの北側に成立するヒノキ造林木ですが、確かにモミジの枝と競り合いは確認できますが、ここはヒノキの枝払いを行うのではなく、ヒノキの間伐を行う事で競合を避ける方法を推奨いたします。質問のあったモミジの病葉ですが、採取して検鏡を行ったところ、カエデ類黒紋病と判断された。
これらのことから、スギ造林の間伐、カエデ類黒紋の対応などの指導をした。





調査場所 鈴鹿市若松小学校
調査日 12月13日
調査樹種 クロマツ
担当樹木医 大石浩、中村昌幸、児玉重信
依頼内容 落葉の発生しているクロマツの診断依頼
調査・診断結果 鈴鹿市立若松小学校の校庭にはクロマツが13本ほどありますが、その中でも正門に近い、3本を重点に調査しました。クロマツの樹齢は不明ですが、地元では100年以上と云われており、これらのクロマツについては、平成27年2月に樹幹注入剤を注入していた。夏の終わりから秋にかけて葉色の変化に気付いてみえましたが、深刻化したのは 11月中旬になってから全体として枝葉が混み合っており、外側から見る限りでは針葉が多少黄化している所もあるものの、まずまずの状態と思われました。しかし樹冠の内側から見ると、懐にある針葉が褐変・枯死しており、既に枝枯れを起こしている部分も確認できた。また針葉には所々「葉枯性病害」が発生していた。また害虫(カイガラムシ類、アブラムシ類、ハダニ類など)の虫体は見当たりませんでしたが、その影響は受けていると思われます。樹としては、未だ深刻ではないものの衰弱傾向にあると思われます。LAMP法によるマツノザイセンチュウのDNA鑑定とベールマン法による顕微鏡検査を行ないましたがマツノザイセンチュウは確認されなかった。
これらのことから、剪定、枯枝撤去、寒肥、土壌改良などの指導をした。



調査場所 伊勢市村松町 北浜神社のクロマツ
調査日 1月27日
調査樹種 クロマツ
担当樹木医 大石浩、浦安良太、児玉重信
依頼内容 マツの伐採を含めた健康診断
調査・診断結果 敷地内に5本生育しています。2本は針葉の変色が確認された。ここ2年ほどで4本が枯れ、伐採されたとのことです。地上散布消毒、樹幹注入は行っていないとのことでした。変色していたマツの樹脂の流出簡易検査を行ったところ、樹脂の流出は確認されなかった。残りの3本も簡易検査を行ったところ樹脂の流出が確認され健康だと判断された。念のためDNA鑑定、顕微鏡検査を行ったところマツノザイセンチュウが検出された。
これらのことから、マツ材線虫病に感染している2本を5月下旬までに伐採、残りの3本の予防などの指導を行った。


調査場所 四日市市日永5丁目
調査日 2月2日
調査樹種 クロマツ
担当樹木医 石黒秀明、大石浩、坂口卓也
依頼内容 クロマツの健康診断
調査・診断結果 旧東海道沿いに成立しているため、根元周辺はアスファルト舗装に、また東側はコンクリート舗装で完全に閉塞された状態で、根は呼吸が行い難い状況と判断された。剪定作業の直後でしたが、若干ですが剪定が強すぎる感じを受けた。また剪定方法に問題を感じる所があり、1〜2年間の経過観察が必要かと判断された。幹にポンチにて孔を開け、約40分後の樹脂滲出状況を確認したところ、正常の滲出量でした。このことからマツノザイセンチュウによるマツ枯れには感染していないと判断しました。マツカレハの抜け殻やマツカレハ幼虫のものと思われる食害痕が確認されましたが、現状程度の被害であるなら放置しておいても問題はないと判断された。 葉枯性病害である『葉ふるい病』が確認されましたが、こちらも軽微であると判断したので現時点では何も対策をする必要は無く、樹勢は良好と判断された。
これらのことから、マツ枯れ対策の実施を指導をした。


調査場所 津市大里山室長 願正寺
調査日 2月7日
調査樹種 イチョウ
担当樹木医 玉野隆、末良学、大石浩、広瀬信三
依頼内容 腐朽調査依頼
調査・診断結果 過去に樹高5.5m辺りで伐採され、その部分から再萌芽した枝が株立ち状の幹として成長し、再萌芽した周辺の幹は異常に太くなっている。株立ちの幹の数本に落雷があり、主幹となるべき幹が枯死していた。その部分の腐朽の進行によって、樹幹内部と辺材に腐朽が確認された。 樹形はやや乱れ、偏った枝張りとなっていた。がんしゅ病の病徴が見られるが、内部までの腐朽の進行は確認されなかった。中勢バイパス道路や周辺整備に伴う農道の造成によって、イチョウの生育する地盤の脇にある井戸も枯れ、根系に供給した水源が絶たれたと考えられた。
これらのことから、全体の バランスをとるための剪定、樹体全体を支えるワイヤー支柱の設置、土壌改良などの指導をした。



調査場所 津市芸濃町椋本
調査日 2月14日
調査樹種 ムクノキ
担当樹木医 石黒秀明、児玉重信、玉野隆
依頼内容 大ムクの樹勢及び周辺樹木等による影響診断依頼
調査・診断結果 大ムクの周囲は、西方向15mにスギ2本あり、すぐ近くにはエノキ1本があります。北側は上り勾配の法面になっており、法面にはスギ、ヒノキが植林されていた。西側に成立している2本のスギは、大ムクにとっては迷惑の何物でもなく不要と考えられた。大ムクに対する日照の影響や、駐車場側から大ムクを見た場合、景観の妨げになっていた。北側のスギ、ヒノキは間伐するとよいでしょう。皆伐は台風による被害も予測されるため避けたほうが無難です。南側の公園の通路脇のサクラ並木については、現時点では大ムクに影響を与えていませんが、将来的には枝が大ムクに干渉する可能性があると判断された。またサクラの植栽間隔が狭いこともあり、それらを伐採(間引き)するのであれば、大ムクに直接の影響が無いことから地域住人や市の判断となるかと思われた。大ムクに充填されたウレタンは、かつてはよく実施されましたが、かえって樹木の腐朽を促すだけで無意味であり除去すべきと判断された。大ムク周辺の土壌は柔らかく、土性は埴土で腐植に富む土壌だった。
これらのことから、ウレタンの撤去、不定根誘導法などの指導をした。

   
このページのトップへ