SAMPLE COMPANY

第2回 支部研修会

活動報告一覧へ
開催日時 令和4年8月28日(日) 13:30~17:00
開催場所 津市お城公園
参加者 三重県支部会員11名(奥田、大石、石黒、中村、柳田、齋藤、吉水、杉野、浅野、塚本、鈴木)
津市のお城公園で公園樹木の診断実習を行いました。支部会員11名が参加し、調査設定区域の30種75本の樹木について、参加者各自が診断結果を記録しました。 調査区域には樹齢50年を超える樹木のほか、独り生えの樹木もあり、参加者は樹種判別などに苦労しているようでした。  1時間半の診断実習の後、津リージョンプラザ会議室へ移動し、中村・鈴木樹木医が事前に調査した内容との照合を行いました。  その後、中村会員が「公園樹木の診断技術習得に必要な知識と考え方」、鈴木会員が「樹木調査データの管理とカルテ連動システムの構築について」の講演を行いました。  三重県支部では危険木診断を含め、樹木医による樹木調査・診断が公園など公共施設の管理基準として機能するよう、引き続き調査・診断技術と調査データの管理方法を検討し、関係団体に提案していく予定です。
 
                     津市お城公園内にて診断実習

                          リージョンプラザ会議室にて